赤十字会議記念の切手シートを買取ました|埼玉県新座市あたごのお客様

赤十字会議記念の1銭5厘の記念切手シートのお買取

今回は赤十字会議の記念切手シートのお買取をさせて頂きました。第15回赤十字国際会議が1934年(昭和9年)に東京で開催された事を記念して発行された日本初の国際会議記念切手です。

記念切手とは、国家または国民的に重要な事柄を記念し,あわせて内外に周知させるために発行される郵便切手の事を言います。一定枚数のみ印刷され、場合によっては販売期間、郵便に使用できる期間までも制限されるのが特徴です。

日本最初の記念切手は、1894年3月9日に発行された明治天皇銀婚記念(2銭と5銭の2種)です。昭和初期までは天皇の即位記念や、立太子の礼などの皇室関連に絡めての発行が主だったのですが、第一次世界大戦が終結する後から、終戦を祝う平和切手や、第15回赤十字国際会議の切手なども発行されるようになりました。

プレミアム切手 買取致します

切手が取引される際には、額面以上の値段で売買されることがあります。それは切手に描かれている絵柄や、発行された時代的な背景、特別なイベントなどでごく限られた枚数しか発行されておらず、稀少性が高くなることによって人気も上がり、結果、取引される際に付加価値が付き高額で売買される事になりました。

戦後1956年頃から切手のコレクションが世界的なブームになった時期があり、当時人気の高い切手が高値で取引され、また価格が上がることを見込んで投機目的で購入する切手ブームが起こりました。現在ではブームは過去のものとなってしまっており、かつて程の値段がつかなくなっているのが現状です。

とはいえ現在でも切手の売買は行なわれており、中には高値を維持している切手もございます。昔コレクションした切手の中にプレミアム切手があるかも知れません。価値を維持している今の内にお売りしてはいかがでしょうか。

記念切手 普通切手等 買取強化実施中

只今、アース買取センターでは切手の買取強化を実施中です。これまで切手を集めて来られた方、遺品として譲り受けた方の中には、そろそろ手放すことを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。バラ切手もシート切手も50円未満の低額面の切手でもどんな枚数でもどんなデザインでも丁寧に査定させて頂いております。

また赤猿、オオパンダ等に代表される中国切手は現在相場高騰中ですので、お手持ちのコレクションを一度確認してみては如何でしょうか。

切手、葉書以外にも年賀状、かもめーる、レターパック、郵便書簡、収入印紙、登記印紙なども買取可能です。まずは全品無料でお値段をご提示させて頂きますので、切手、葉書、印紙などをお持ちであればJR東所沢駅から徒歩30秒のアース買取センター東所沢店にお気軽にお問い合わせ、お立ち寄り下さい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 買取店へ
にほんブログ村

記念切手 シート 1934年 赤十字会議記念 1銭5厘 -0.jpg

切手・中国切手の買取最新情報

東所沢駅より歩いて1分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)0120-988-701
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター東所沢店
運営会社
合同会社東京リユース研究所
所在地
埼玉県所沢市東所沢5-2-17 第2YTビル105
営業時間
10:00~19:00(定休日:木曜日、年末年始)
電話番号
0120-988-701(通話料無料)
Eメール
info@kaitori-earth.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。