80円の記念切手シートを買取致しました|埼玉県戸田市のお客様

記念切手シートを買い取り致しました

 記念切手は、何らかの国家行事などを記念として発行される切手を指し、郵便局で常に購入する事が出来る切手を普通郵便切手や普通切手と呼んでいます。

世界最初の記念切手は、ペルーが1871年4月に発行した切手です。この切手は、南アメリカ大陸最初の鉄道であるリマ~カヤオ間の鉄道開通20周年とチョリヨスまでの鉄道延伸を記念して発行されたものです。このように記念切手は100年以上の歴史がある物なのです。

日本の最初の記念切手は、1894年3月9日に発行された明治天皇銀婚記念(2銭と5銭の2種)です。この切手には英文でも記念銘が加えられていたほか、「紀念郵便切手」と書かれていました。これは「記念」には「かたみ」の意味があり、これを避けたためだといわれています。
 
そのため日本の初期の記念切手には「紀念」と書かれていたのですが大正から昭和にかけて文部省で「記念」の語を使うようになったためこれに倣い、現在と同じ「記念切手」という表記が使われるようになりました。なお、中国では現在も「紀念」の字が使われているそうです。

1960年代から1970年代頃の期間、日本では切手ブームが起こりました。郵便局やあらゆる催事場で記念切手を買い求める人が多くいた時期が有り、当時は販売窓口が開く前から切手を購入するために人が並ぶ光景も目にしたものですが、やがてブームが去り、数十年が経過した現在においてはもう滅多なことでは遭遇することもありません。

現在では食玩やカードなど、収集趣味に合わせたジャンルが劇的に増加をしたこともあり、熱狂的な切手収集家の数は減っていますがそれでも切手の魅力に惹かれる人はどの世代にも存在します。

記念切手 普通切手等 買取強化実施中です

只今、アース買取センター戸田美女木店では切手の買取強化を実施中です。バラ切手もシート切手も50円未満の低額面の切手でもどんな枚数でもどんなデザインでも丁寧に査定させて頂いております。

見返り美人、月と雁などに代表される付加価値、プレミアム評価ができる切手は別途査定致します。付加価値がある物であれば使用済みでも買取可能です。特に赤猿、オオパンダ等に代表される中国切手は現在相場高騰中ですのでお手持ちのコレクションを一度確認してみては如何でしょうか?

切手、葉書以外にも年賀状、かもめーる、郵便書簡、レターパック、収入印紙、登記印紙、初日カバーなども買取可能です。付加価値の有無を含め全品無料査定させて頂きますので、切手、葉書、印紙などをお持ちであれば是非いちどお気軽にお越しくださいませ。スタッフ一同心からお待ちしております。

 

 

切手・中国切手の買取最新情報

東所沢駅より歩いて1分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)0120-988-701
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター東所沢店
運営会社
合同会社東京リユース研究所
所在地
埼玉県所沢市東所沢5-2-17 第2YTビル105
営業時間
10:00~19:00(定休日:木曜日、年末年始)
電話番号
0120-988-701(通話料無料)
Eメール
info@kaitori-earth.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。