1953年の年賀切手の三番叟人形20面シートを買取致しました|埼玉県所沢市のお客様

所沢市で切手の買取 お任せ下さい

今回は1953年の年賀切手、三番叟人形20面シートをお買取させて頂きました。年賀切手とは、グリーティングのための特殊切手のひとつで、新年の挨拶状である年賀状のうち、私製のはがきないし封書に貼るために発行される切手を言います。

三番叟人形の年賀切手は1953年に発行され、昭和28年用の切手になります。三番叟(さんばんそう)とは日本の伝統芸能の1つの式三番(能の翁)で、翁の舞に続いて舞う役、あるいはその舞事を指します。元々「式三番」という名称は、例式の 3番の演目という意味で、「父尉」「翁」「三番猿楽」の 3演目を指すものです。

その3番のうち 1、2番目は聖職者である呪師が演じましたが、「三番叟」は 3番目の演目であり呪師に代って猿楽師が演じ、「三番猿楽」とも呼ばれました。三番叟の舞は五穀豊穣を寿ぐといわれ、足拍子に農事にかかわる地固めの、種まきを思わせる所作があり、豊作祈願の意図がうかがえます。

プレミアム切手の別途査定 承ります

今回買取しました三番叟人形20面シートは、1953年に発売された切手シートになります。切手ブームが始まったのは戦後1956年頃からでした。日本だけではなく外国でも同じ様な切手ブームの傾向が見られました。日本切手のカタログ評価が高くなり、特に戦後の記念切手の市場価格が急上昇しました。

これは当時、なべ底景気に悩んでいた大衆が切手を投機対象に選び、一攫千金を狙ったからと言われております。当時は郵便局の前に記念切手を買う長蛇の列が出来ていたそうです。ただこの切手投機目当てのブームは1958年、当時の郵政省が今後発行する記念・特殊切手は需要があるだけいくらでも増刷する方針を決定した為、これを境に投機目当ての切手ブームは次第に収まっていきました。

今でもプレミアム価値のある切手の年代の目安の一つに1956年から1958年以前に発行された切手かどうかが、判断の一つになります。もちろん1956年以前の切手でもプレミアム切手でないお品もございますが、一枚一枚丁寧に確認致しますので、ご安心してお持ち下さい。

バラ シート 中国切手等 切手買取強化中

JR東所沢駅から徒歩1分の買取専門店アース買取センター東所沢店では切手の買取を強化しております。バラ切手もシート切手も50円未満の低額面の切手も、書き損じの葉書も、どんな枚数でも、どんな額面でも、どんな絵柄でも査定の対象とさせていただいております。

赤猿、オオパンダ等に代表される中国切手や、見返り美人、月と雁などのプレミアム評価ができる切手は別途査定させて頂きます。また切手、葉書以外にも年賀状、かもめーる、郵便書簡、レターパック、初日カバー、収入印紙、登記印紙なども買取可能です。

残ってしまったハガキや年賀状、古くから集めていた切手などをお持ちであれば東所沢駅徒歩30秒のアース買取センターにお気軽にお問い合わせ、お立ち寄り下さい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 買取店へ
にほんブログ村

1953年 年賀切手 三番叟人形 20面シート.jpg

切手・中国切手の買取最新情報

東所沢駅より歩いて1分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)0120-988-701
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター東所沢店
運営会社
合同会社東京リユース研究所
所在地
埼玉県所沢市東所沢5-2-17 第2YTビル105
営業時間
10:00~19:00(定休日:木曜日、年末年始)
電話番号
0120-988-701(通話料無料)
Eメール
info@kaitori-earth.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。