Nikonのカメラ NEW FM2 ブラックボディを買取致しました。|埼玉県さいたま市南区のお客様

一眼レフ Nikon NEW FM2の買取

一眼レフカメラとはどんなカメラがと呼ばれているのかご存知でしょうか?一眼レフとは一眼レフレックスカメラ(レフレックス⇒反射のこと)の略語で、カメラ内にミラーを配置し、レンズを通した画像をファインダー内で直接確認して、ピント合わせなどを行うことができるカメラのことです

これがどういうことかというと、光は直進するものなので、ミラーがなければそのまままっすぐカメラ内部のイメージセンサー(撮像素子)に届いて、像を結びます。構造上ファインダーはカメラの上部にあるので、このままではどのような像を結んでいるかを人の目でリアルタイムに確認することはできません。

リアルタイムの像を確認するために、ミラーによって光を何段階かに屈折させて、ファインダーまで届かせることになります。一眼レフの最大の特徴は、撮影用途に合わせて様々なレンズを交換して撮影に最適なシステムが構築できるということです。

シャッターを押すとミラーが上昇し、シャッター幕が開いてフィルムに焼きつけ、シャッター幕が閉じると再びミラーが元の位置に戻るようになっています。そのため撮影レンズとファインダーの光路が異なるデジタルカメラのようなパララックス(視差)の影響がなく正確な撮影が可能となっています。

NEW FM2 ブラックボディは80年代にカメラがAF化していったなかで機械式制御のマニュアル式に拘り続けたFMシリーズ最後の一眼レフカメラで、最大の特徴は、シャッタースピード最高速1/4000秒、シンクロ同調速度を1/250秒と当時の最高速を実現したカメラで、この機能により、当時は高速シンクロを多用するスポーツカメラマンにも重宝されていました。

当時は当たり前のように出来ていた電池がなくてもシャッターが切れ、写真が撮れるということが現在ではあまり見かけなくなっていて内蔵露出計に小さなボタン電池を使用するものの、露出計を持ち歩いてたり、内臓露出計を使わずに写真を撮影する方にはとても評判が良い品物です。

 ニコン等 カメラ レンズ 高価買取致します。

戸田市の買取専門店アース買取センター戸田美女木店ではカメラ、レンズの買取も承っております。一眼レフ、デジタル一眼レフなどの撮影機材は勿論のこと顕微鏡、双眼鏡、天体望遠鏡、等のレンズ関連の商材キャノン、コニカ、ペンタックス、ミノルタ等の他メーカー、さらには廃盤の品物を高価買取致しております。

ご不要になったものや、壊れて使えなくなったものまで、どんなものでも丁寧に査定させて頂いております。どんなお品物でも全品無料でお値段を提示させて頂きますので美女木二丁目交差点より徒歩1分のアース買取センター戸田美女木店にお気軽にお問い合わせ、ご来店下さい。

^B326DE18EB3C6AE62ABDED91CB61CCA967E14940E17EE710EA^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

 

カメラ・レンズの買取最新情報

東所沢駅より歩いて1分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)0120-988-701
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター東所沢店
運営会社
合同会社東京リユース研究所
所在地
埼玉県所沢市東所沢5-2-17 第2YTビル105
営業時間
10:00~19:00(定休日:木曜日、年末年始)
電話番号
0120-988-701(通話料無料)
Eメール
info@kaitori-earth.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。