ライカのM6のクラシックブラックのフィルムカメラを買取致しました|埼玉県所沢市松郷のお客様

Leicaのカメラ・レンズの買取なら アース買取センター

ライカの社名の由来は1868年にライカの前身となるライツ社を経営していたエルンスト・ライツ氏(Ernst Leitz)の名前とカメラ(Camera)を繋げて"Leica"と呼ぶようになったことがきっかけと言われております。

高級カメラメーカーであるライカは1950年代にライカM3と呼ばれる最高技術のカメラを作り出したメーカーとして有名になります。ライカがこのカメラを作り出したことによって、性能で敵わないと感じたメーカーが、他の分野の製品へと事業転換したほど当時としては衝撃的なカメラでした。

ライカの代表機種であるM3の発売によって、写真の撮影が容易になり、その堅牢性から報道やスポーツ、戦争時にも使用されるようになりました。それと同時に、その品質の高さから芸術家の間でも人気になりました。

ライカM6 M型史上もっとも売れたロングセラー機 高額査定

ライカM6は、1984年~1999年の実に16年間製造、販売され続けたM型史上もっとも売れた機種です。高い完成度と美しいフォルムで、ライカM型の最高傑作と呼ばれ、現在も高い評価を維持し続けております。

M3以来のM型のフォルムを守りつつ露出計を組み込んだ設計で人気を博し、ロングセラーとなりました。

M6のファインダーフレームと一眼レフタイプのファインダーフレームの大きく違う点は、ミラーを通してレンズを見ないという点です。M6のファインダーを覗いて撮影した時には、写らない所までファインダーでは見える事が特徴です。

またMシリーズのレンズマウントのライカMマウント」は、M3が誕生した1954年から現在までカメラボディとレンズの接合機構であるマウントが変わっていない事も特徴の一つです。

60年以上前のレンズでも、現行のライカMマウントのカメラであれば使うことが出来る為、中古品であってもライカのレンズは高額で買取をさせて頂いております

古いカメラ、遺品のカメラ、壊れたカメラ お売り下さい

JR東所沢駅から徒歩30秒の買取専門店アース買取センター東所沢店ではカメラやレンズ等の光学機器の買取も承っております。

古いカメラや遺品のカメラなど数十年前のカメラがご自宅にございませんでしょうか。欲しい人がいる限り、それは価値のあるものです。

特に古いカメラは値崩れが起きにくく、中古市場が安定しているので高値での買取が可能です。

また、カメラやレンズ、カメラ関連の商品がたくさんあるけど、多すぎて持っていくのも送るのも大変であったり、昔趣味で集めたカメラをまとめて売りたいというお客様には、ご自宅・ご指定の場所までお伺いする出張買取をご利用下さい。

アース買取センター東所沢店では最短で即日対応でお伺いさせて頂きます。

 どんなお品物でも全品無料でお値段を提示させて頂きますのでJR東所沢駅より徒歩30秒にあるアース買取センター東所沢店にお気軽にお問い合わせ、ご来店下さい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 買取店へ
にほんブログ村

 

 

 

カメラ・レンズの買取最新情報

東所沢駅より歩いて1分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)0120-988-701
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター東所沢店
運営会社
合同会社東京リユース研究所
所在地
埼玉県所沢市東所沢5-2-17 第2YTビル105
営業時間
10:00~19:00(定休日:木曜日、年末年始)
電話番号
0120-988-701(通話料無料)
Eメール
info@kaitori-earth.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。